ひめの今 パート2

前回のブログでちょうどいいフードが見つかって良かったと書いたのもつかの間、
徐々に「このフードなんか食べたくないなぁ」みたいな感じになり、
なんとかだましだまし食べさせてきました。

でも土曜日の夜に眼振になり、夜間救急動物病院で治療をしてもらい、
翌朝早くに掛かり付けの病院行ってきました。
今はなんとか落ちついています。

夜泣きはしっかりあります。
夜泣きで体力を消耗するより、安定剤は飲ませてみた方がいいとのことなので飲ませています。
効果は多少あるように感じます。

イヤなものはイヤ!と言っているように、口を開けようとしても開けなかったひめが、
簡単に口を開けてしまうほど弱ってしまいました。

まだ飲み込むことはできるので、少量ですが流動食とペットスエットを与えています。
こんなに早くに流動食になってしまうとは考えもしませんでした。

気候の変化がありすぎて高齢犬の体ではついていけなかったのかな。
6月になれば梅雨が始まります。
湿度が高くなるとますます大変になります。
17歳を迎えることは難しいかもと思ってます。




[PR]
by atomhime | 2017-05-29 15:31